« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

今井町2

今井町は郵便局も銀行も床屋さんも町屋風

Imaityou16


Imaityou6


Imaityou7


今井町1

奈良県橿原市今井町。
江戸時代寺内町として発達した今井町は
今でも500軒以上が江戸時代の建物だそうです。
こんなにきっちりと町屋が残っているのは
全国的にもめずらしいらしい。

町屋は実際にフツーに生活が営まれています。
「重要伝統的建造物保存地区」に指定されているので
家を新築するときは外観にいろいろな制約があるそうです。

最初にココ「今井まちなみ交流センター華甍」へいくと、
ボランティアっぽい人?がでてきて説明してくれます。

Imaityou15


電気、電話線なども地下に敷いているので
電柱がありません。
Imaityou11


Imaiatyou5_2


ソプラノリサイタル

昨日、ソプラノのリサイタルに行ってきましたnotes
チケット頼まれたもんで^^;
こういう系絶対寝てしまうわ~と思ってたけど
歌手のきれいな歌声と衣装で結構楽しませてもらいました。
オペラ、ミュージカルをやっている人らしく振付がイイ!
澄んだ歌声も憧れるわshine

リサイタル後、一緒に行った友人たちとの会話。
「すごい綺麗!よかったわ~」はいいのですが、
「あの人お腹でてないなあ~、コルセットで
締め付けてんの~?どうしてるんやろ?」
「私、ピアノ伴奏してる人の二の腕ばっかりに目がいってたわ。
全然プルンプルンしてないなあ。」
「そりゃあの人痩せてたもん!」
全部自分たちと比較してますcoldsweats01

岡本の雑貨屋さん

岡本の雑貨屋「MINT」さんの店先。

Okamoto2

店内は小物でいっぱいpresent
アロマオイルのいい匂いがshine

Okamoto3

Okamoto10

雑貨屋さん

阪急岡本駅近辺
このあたりは、阪神間の古い町並みのなかに
おしゃれなお店が点在していたりして
なかなかヨイ感じですnote
ここのお店の土塀も昔の瓦をそのまま残してあります。
Okamoto11


中を撮らせてもらったのは向いの「MINT」というお店ですcamera
そういえば、店全体の写真を撮るのを忘れました。
Okamoto1


全体にリーズナブル(コレ重要)で、細かく丁寧にレイアウトされていて
楽しくみられますョup

修学旅行

次女が修学旅行で「沖縄」に行き、
「めっちゃ楽しかった!!!」とすご~く興奮して帰ってきました。
お土産の一部。
Okinawa1_2
Okinawa2_4

パイナップルカステラは試食でおいしかったから買ったそう。
長女は「紅いもタルト」を必ず二箱買ってきて!と何度も
頼んでいた模様。
その他、沖縄限定菓子(後輩に)、ぬいぐるみ、沖縄そば、各種ストラップ。
さすがに「泡盛」はないよねcoldsweats01未成年だし。。

私自身の修学旅行といえば、小学校は「ぜんそく」がでてしんどかった!
中学校は記憶になし。高校もまたもや「ぜんそく」がでて病院行きhospital
しんどかった思いしかないthink
次女は集団行動を楽しめるタイプ。まあ、事故なく皆無事帰れてよかったよかったhappy01

チューリップのアルバム

チューリップ満開のときに撮ったIさんのアルバムです。
チューリップでパンダ! 見てみたかったなぁ
たくさん見物人がいるのに、人が写ってない!
Iさんの努力はすごいdiamond

Arubamu1

庭の花

最初生垣の上にちょっと植えていたマツバギク。
いつのまにか大きくなって、この時期たくさんの花を
つけてくれます。
葉は多肉系で、ズボラな私が少々水やりを忘れても大丈夫!

Matubagiku


庭の花

これはたぶんsweat01シャクヤクでしょう
ぼたん?じゃないよね~sweat01

Syakuyaku1


庭のバラ3

バラがたくさん咲きだしました
母の庭のバラと一緒に撮影camera

逆光で撮ってみたけど、よくわからな~い!bearing
Bara4

Bara5_2

Bara6


Bara7_2


庭のバラ2

今日は午後からは雨らしい。
それまでに、ちょっと咲いてきたバラ「ヘリテージ」を
撮ってみました。
これ、ほんとにスグ散るんですweep

Bara3

背が高くなって、なかなか撮れないよーsweat01sweat01sweat01
Bara2_2


母の日

今日は母の日
最近のカーネーションはいろんな色があるんですね!
Kane_2

だいたい日曜日は母と一緒に晩ごはんを食べることにしていますが
今日はいつもよりチョイ豪華な晩ごはんup
というよりイベントにかこつけて、私たちは
美味しいものrestaurantとアルコールbeerbottlewineが欲しいだけなのですcoldsweats01full
イベントに感謝、いえいえ母に感謝、感謝。。

庭のバラ

バラの蕾が膨らんできた。
バラって蕾の期間が長くて、咲いたなと思ったら
すぐに散ってしまうdespair
特にウチの庭にさく「ヘリテージ」は
すばらしくいい匂いがして、カップ咲きの花弁はとっても豪華shine
でも、散るのが早い。
花もちのいい品種も横に植えたけど、このバラに負けてしまいそうです。

この季節、バラにとっては病害虫との戦いかも
日ごろ手をかけてやってれば、被害もそんなに
広がらないと思うんだけど、見つけた時はすでに遅い。
なので、薬剤のお世話になる回数が多くなるという悪循環。
今は黒点病、ハダニ、アブラムシ、ハマキムシあたりと戦ってますpunchpunchpunch
中でもハダニがヒツコイ!

でも一度植えてしまったバラ。
そう簡単に見捨てられません。マメに庭にでなくちゃ。
これからは「水やり」も日課になるしね。
あと、ちゃんと写真も撮りたいな。

お墓参り2

お墓参りだけど、ちょっと遠出なので、プチ旅行気分notes
行き帰りのドライブが楽しみな次女car
日頃は部活→授業→部活→塾→家で寝る の繰り返し。
誰でも「脱日常」がしたいのよね~
というか、車中でお菓子=スナック菓子を食べることが
楽しみなのかも。
前日にお菓子を袋いっぱい買い込んで
もぉ、どんだけ~!!ずっと食べてた。
これでいいのか。。。

お墓の周りは畑、畑、ちょっと民家。
何年経っても変わらないのどかな風景。
Sikoku3


Sikoku2


帰り際、麦畑。そこだけが黄金色にshine
Sikoku4

お墓参り

昨日はちょっとドンヨリの天気cloudのなか
四国方面まで日帰りでお墓参りに行ってきました。
車中からの「瀬戸大橋」 ブレてます。
曇っていたので、せっかくの瀬戸内海の島々がいまいち
見えずthink
あ~あ、このままどこかで1泊したいよぉぉ~
Sikoku1


帰りの高速道路でのガソリン価格
なに!コレ~!angryangryangryannoy
めっちゃ高いやん!
それでも結構車の行列できてました。
あ~せめて、高速はいる前に入れておけばよかった。
Sikoku5


新梅田シティ6

新梅田シティには不思議な石の彫刻オブジェが
たくさんあります。
そのなかのいくつかを撮ってみました。

Umeda


Umeda8


Umeda9


Umeda10


Umeda11


Umeda12_1

新梅田シティ5

新梅田シティには菜園もあって、
とうもろこし、ネギなどが植えられていました。
やっぱり誰が食べるんだろう?
Umeda17

お花の撮影にはやっぱりマクロレンズがいるのね(-_-;)

Umeda16


新梅田シティ4

新梅田シティの庭園
「里山」をイメージしているらしく、
剪定しすぎず、菜園なんかもあったりして
今まであまり見たことがない庭園でした。
どっかの企業のイメージ戦略っぽい感じはしますが
こういう庭園が定着していけばいいなあとは思います。

れんげ畑がありましたnote
Umeda13

しいたけのホダ木が。。
収穫できたら、誰が食べるのcoldsweats01

Umeda14_3

Umeda15

新梅田シティ3

新梅田シティの庭園内です。
ビルの上には展望台や空中庭園がありますがそこは
有料です。


ガラスに映る黄色い花がキレイ
Umeda5

Umeda6

新梅田シティ2

新梅田シティには滝をイメージしたオブジェがたくさんあります。
シャッタースピードを速くして撮る練習したけど、
暗めの場所ではやはり真っ暗(T_T)でした。

Umeda3


ガラス越しに、撮ってみました。
Umeda4

新梅田シティ内には「ウェスティンホテル」があり
ちょっとした森の雰囲気も楽しめます♪
でも・・・私が小鳥のさえずりがするわ~と上を向いたら
見事に顔にフンが命中downdowndown
・・・・・「がついた!」とプラス思考プラス思考coldsweats01

新梅田シティ

新梅田シティ 阪急梅田駅から歩いて10分ほど

一人では撮りにくい写真も皆が一緒だと撮りやすいです。
この日は曇りで、青空ではなかったけれど、
お花撮影にはよかったかも

Umeda1

Umeda2_2

手作りブック

I店のYさんが先日東京に行かれたときに
「新宿御苑」に立ち寄った時の写真です。
Book2


Book1

もう桜は散っていますが「八重桜」がキレイだったそうですよ。
その写真を使ってミニアルバムを作成。
2ページ全面写真が何枚かあり、迫力あります
両面印刷なので、写真の組み合わせや印刷がややこしいのに
Yさんはスゴイ!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »